Carl Zeiss Planar 1:2 f=32mm (Arri-Mount)

 07, 2013

アリフレックススタンダードマウントのカールツァイス・プラナー 32mm/F2は35ミリフィルム映画用に作られたレンズですが、APS-Cミラーレス機との相性がほぼ完璧と言えるイメージサークルを備えたレンズです、Fujifilm X-E1にHawk's Factoryの補助ヘリコイド付 MアダプタVer2とARRI-Mアダプターの、Hawk'sアダプター二枚重ねで装着して使っていますが、センサー面から21cmまで接写が出来て、焦点距離は35ミリ換算で48mm相当なので個...

ROBOT Tessar 1:2.8 f=3cm Carl Zeiss Jena

 23, 2012

ロボット(独)の交換レンズの中でも極薄な意匠のテッサー3cm/F2.8をGXR MOUNT A12に装着、テッサー3cm/F3.5と比べると前玉が少し大きくて、絞りリングのギザギザが大きい刻みになっているだけ、しかし描写の方はちょいじゃじゃ馬な印象で、安定して落ち着いた描写の3.5、使いこなしの難しい2.8、と感じた、距離リングにクリックストップ機構があるのでソニーNEXやフジのX-PRO1,X-E1などにヘリコイド付きMマウントアダプターを介し...

アリフレックススタンダードマウントのカールツァイス・プラナー25mm/F2は16ミリムービー用に作られたレンズとしてはイメージサークルにゆとりがあり、APS-Cセンサーでスクエア(アスペクト比1:1)が設定できるGXR MOUNT A12に装着すると、ケラレ無しで使用できる事に最近気付いた、絞り開放では周辺光量低下が顕著に出るけど、絞っていくとだんだん解消され画面四隅まで均一な光量が得られる、連休最後の体育の日は新宿に出掛けた...

時に生々しいほどの立体感ある描写を見せるロボット・テッサー3cm/F3.5と、誇張の無い絵作りのGXR MOUNT A12の組み合わせは、ウルトラリアル?に目で見た光景を切り取ってくれる、GXR MOUNT A12には周辺光量補正が装備されていて、本来は周辺光量不足を補う為の機能だけど、マイナスにもシフト出来るので、疑似周辺光量落ちレンズに仕立て上げる事も出来る、最後の2枚は周辺光量補正を−2に設定して撮った写真だ、このテッサーはNE...

Carl Zeiss Jena Biotar 1:1.4 f=2.5cm(実写編)

 05, 2011

(PENTAX Q + SWITAR 5.5mm/1.6 H8RX、絞り開放にて撮影)カールツァイス・ビオター25mm/F1.4なんですが、このレンズは元々シネコダックPマウントだったものをCマウントに改造したレンズで、その辺の事は2月の記事にも書きましたが、、、先日このレンズを眺めていたら、これもしかしてフードが着いてるんじゃないの?と思って高倍率ルーペで隅々をチェックしたところ、やっぱりフードが装着されたまま固着してるっぽかったので、板...

Carl Zeiss Biogon 1:4.5 1=21mm

 07, 2011

M-NEXヘリコイドアダプターは今まで死蔵されていたいろんなレンズが蘇るかもしれない!このビオゴン21mm/F4.5はレンジファインダー・コンタックスのレンズをLマウントに改造してあるもので、距離計連動機構は省略されているのでRF無しバルナックに装着し目測専用で使っていましたが、RFコンタックスの構造上、約1回転するヘリコイドが使いづらいのと0.9mまでしか寄れないのとで、ほとんど使わなくなっていたんですけど(可哀そう...

ROBOT Tessar 1:3.5 f=3cm Carl Zeiss Jena

 14, 2011

ロボットレンズのカールツァイス・テッサー3cm/F3.5はロボットレンズ群の中でも最薄で見事なパンケーキっぷりです、テッサー3cmには少し明るいF2.8も存在し、見た目はこのF3.5とほぼ一緒です、また、ロボットテッサーには31/4cm(32.5mm)のF2.8もありまして、これまた同じくパンケーキレンズですが、F3.5が存在するのかどうかは未確認です、ロボットレンズ群には距離調整にクリックストップ機構が付いているものがよくありまして、...

Carl Zeiss Jena Biotar 1:1.4 f=2.5cm

 21, 2011

エルジートがコダックSマウントのレンズを作っていたのは、当時エクター等の純正レンズが高価だったからレンズメーカーが廉価なレンズを用意していたのかなぁなんて、何となく想像できるんですけど、コダックPマウントにカールツァイスのビオター25mm/1.4なんてレンズを見つけてしまいまして、コレどんな経緯で作られたものなのかちょっと不思議なレンズです、後からコダックの16mmカメラ用に改造されたにしては、部品に無理矢理辻...

Carl Zeiss Jena Sonnar 1:2.8 f=5cm T*

 08, 2011

カールツァイスのCマウントのシネレンズは種類も数も少ないようで、ネットオークションでもあまり目にする事が無く今まで1本も持っていませんでしたが、暮れに運良くこのゾナー5cm/2.8を手に入れました、40年代はじめ頃の製品のようですが、いかにもその頃のツァイスらしいアルミ鏡胴でとても軽量です、このレンズはマウント部分に仕掛けがあり、レンズ鏡胴とCマウント部分がセパレート構造になっていて、特殊なバヨネットでしっ...

Carl Zeiss Planar 2/35 T*

 14, 2010

コンタックスGレンズがアダプターで簡単にデジカメに着いて、使いやすいヘリコイド連動リングまで装備されていて、最短でも正確にピント合わせができるなんて、ライカ用にビオゴンなどのGレンズを距離計連動改造して遊んでいた頃には想像もしなかった未来の世界に今暮らしているんだなと、僅かばかり感慨深い気持ちになってみたりしますが、それはともかくGプラナー35mm/1:2のピントの切れ味はスゴいです、「F2といっても35mmだか...

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。