NIKKOR-S・C 1:1.4 f=5cm Nippon Kogaku Japan

 06, 2011

レンジファインダーニコンのSマウントレンズ、ニッコールS・C 5cm/F1.4は、絞り開放の時にきれいなハロが出るレンズだなぁと以前から思っていましたが、M-NEXヘリコイドアダプターでセンサー面から55cm位まで寄れるようになったのでNEXに着けて持ち出しました、レンジファインダーコンタックスマウントの内爪用標準レンズを引き伸ばし機に取り付けるためのシンプルなアダプターの根元を少しだけ削ってライカマウントで無限が出...

Nikon CINE-NIKKOR 13mm 1:1.8(PENTAX Q編)

 01, 2011

シネニッコール13mm/F1.8をペンタックスQに装着すると焦点距離71.5mm相当(35mm換算)で、ポートレートに使いやすい感じの焦点距離になりますが、実際は13mmなので被写界深度は深く、ポートレート位の距離だと背景を大きくぼかす事はできませんので、ある程度深い深度を活かせる被写体向きだと思います、Cマウントのシネニッコールには10mm、13mm、25mm、50mmがありますが(他にもあるかな)鏡胴を横から見ただけでは区別が付か...

Cine-NIKKOR C 1:1.4 f=25mm

 05, 2011

シネニッコール25mm/1.4に超小型バージョンがあったとは!このレンズに出会うまで全く知りませんでした、見た目はDマウントレンズみたいだけれど、イメージサークルは立派に16ミリ用、大きい鏡胴のシネニッコール25mm/1.4とケラレ具合もそれほど違いは無い様ですが、ほぼ同じ位の大きさの前玉に対し後玉はこちらの方がずいぶんと小さいのでレンズ設計は違うようです、シリアルナンバーを見ると超小型バージョンの方が明らかに古い...

Cine-NIKKOR 1:1.8 f=50mm Nippon Kogaku Japan

 04, 2010

シネニッコール50mm/1.8の小振りで無駄の無い造りと充分なイメージサークルはマイクロフォーサーズと相性が良く、開放F値が1.8と結構明るい割に軽量なのでカバンに常に入れて歩くのに最適なレンズかもしれません、写りは優等生、とてもシャープですっきりとした描写、でも冷淡な感じは無く、何となく心地良いあたたか味を感じるところがイイ感じ、メートル・フィート両表示、最短撮影距離1m、全長48.5mm、最大径42mm、重量170g、...

Nikon CINE-NIKKOR 6.5mm 1:1.8 Arri-mount

 20, 2010

アリマウントのウルトラワイドレンズ、シネニッコール6.5mm/1.8は、焦点固定式で可動部分は絞りリングだけのシンプル構造ですが、35mm換算で13mm相当のパースペクティブをモニターに展開するので、E-P1の電源を入れて被写体に向けるだけでも愉しいレンズです、キノプティックにも5.7mmとい超弩級巨大鏡胴のウルトラワイドレンズが存在するようですが、このシネニッコール6.5mmは実用的な大きさだと思います、イメージサークルも結...

Nikon CINE-NIKKOR 25mm 1:1.4

 29, 2009

ニコンが世に送り出した16mmシネ用Cマウント標準レンズ、シネニッコール25mm/1:1.4です、距離リングや絞りリングにしっかり刻まれたローレットと、機械彫刻の文字の書体のバランスに精密感漂います、むかし毎日のように使っていたAiニッコール35/2が、あるとき自分で白黒で四つ切りに伸ばしたら、線が太くてダマダマなプリントしか作れなかった経験があって、ニコンのレンズにはあまり良い印象を持っていないのですが、このシネニ...

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。