OLYMPUS LENS 15mm 1:8.0(妄想編)

 16, 2012

DP2 MerrillOLYMPUS Body Cap Lens 15mm f8.0のイメージサークルが35mmフルサイズをある程度カバーしているなら、加工してMLリングに埋め込めば、M型ライカのマウント内に全て埋まってしまうようなレンズ、そう、まるでMホロゴンのようなレンズになるな、、、という妄想が浮かんだので、試しにGXRに押し当てて撮ってみると、Body Cap Lens 15mm/8+GXR Mount A12もちろん接写になってしまうけど、全然ケラレる様子が無い、Body Cap ...

●超薄型パンケーキタイプ●焦点距離 15mm●開放F値 F8●最短撮影距離 0.3mホロゴンかよ!ってツッコミたくなるスペックの、今日発売されたOLYMPUS Body Cap Lens 15mm f8.0、新品のレンズを発売日に買ってしまうなんて初めての経験なのだけど、やはり思っていた通りというか思っていた以上に良く写る、開封すると瞼を閉じた状態で、ボディキャップなのにレンズリアキャップが付いていて、ちょっとお得気分、フォーカシング・レバー...

01 STANDARD PRIME ブラック!

 09, 2012

ペンタックスQを買うと付いてくる単焦点標準レンズ、01 STANDARD PRIME(SMC PENTAX 1:1.9 8.5mm)ですが、購入した日に使ったきりでなんだかもったいないなぁと思い、純正のフジツボ型フードも買ってみたのですがやっぱり使わなくて、ますますもったいないなぁと思っていたんですけど、気分一新ブラックに塗装してみました、プラスチックの鏡胴だし、分解できる構造かどうかもわからないので、フードとフードキャップを軽くねじ込...

LUMIX G 1:1.7/20 ASPH.

 09, 2011

今回はシネレンズでもオールドレンズでもなくて、パナソニックのマイクロフォーサーズ純正レンズのルミックスG20mm/F1.7アスフェリカルです、ありきたりだけどとても使いやすい35mm換算で40mm相当の画角と、ちょい大口径な1.7という開放F値と、薄型で尚且つ電源を入れてもレンズが前に繰り出さない設計の鏡胴が好ましく、今のところ一番気に入っている純正レンズです、普段はGF2に装着してグレゴリーのウエストポーチに突っ込んで...

CANON LENS 50mm 1:0.95

 20, 2011

キャノン50mm/F0.95は、本来レンジファインダーカメラのキャノン7と7Sの二機種にしか装着出来ない特殊なマウントのレンズですが、比較的容易にライカMマウントに改造出来るのでM型ライカやR-D1やミラーレス機で使えるんですけど、、、その容赦無い大きさと重さが華奢なミラーレス機には不釣り合いどころか、マウントがもげそうな危うさまで醸し出しててタマラナイです(笑)開放では極めて薄い被写界深度で、合焦している部分にも...

ヘリコイドの無いレンズでも、大まかに無限が出るような感じでM-NEXヘリコイドアダプターに装着さえできれば、フツーに撮影できるなぁと思って、L39の中間リングを介して、伸ばし玉を着けてみたら結構イケそうですホントに、ネガフィルムの小さな1コマを印画紙の大きさに拡大する為に使う「引き伸ばしレンズ」には近距離での解像力や歪曲収差ゼロ?が求められるので、一般的なスチル用のレンズとは一味違った写りをするかもしれな...

VOIGTLANDER NOCTON 25mm F0.95

 18, 2011

ノクトン25mm/F0.95、あ、またシネレンズじゃないんですけど、小さなボディのGF2に装着した感じが結構イケてます、と言っておきながら以下の写真はE-P2でのスナップですけど、強い日差しの下ではEVFが便利ですよね、...

今回はシネレンズではないので番外編です、言わずと知れたフォクトレンダーの初代スーパーワイド・ヘリアー15mm/4.5ですが、15mmという超広角ながら後玉の出っ張りが比較的小さいので、マイクロフォーサーズ機にもNEXにも装着できて、しかも軽量コンパクト、デザイン良しで最短撮影距離も30cm、そして安い!というスグレモノです、マイクロフォーサーズ機にも相性が良く、実質30mmなのでスーパーワイドではなくなってしまいますけ...

Kuribayashi C.C. Petri Orikkor 1:2 f=50mm

 09, 2010

ペンデジにも、たまにはシネレンズ以外のレンズも着けたくなるのですが、誰も見向きもしなそうな国産M42レンズの中にも目を凝らすと仄かにキラーンと輝きを放っている玉があったりして、このペトリペンタの初期型に着いていた標準レンズもなかなかステキなレンズだったりします、クリバヤシ・ペトリ・オリコール50mm/1:2は自動絞り機構も無いシンプルな構造の所為か、後のバヨネットマウントのレンズよりも小振りで、鏡胴も肉厚が...

コンタックス/ニコンS-M4/3アダプターを作ったので手持ちレンズを試してみました、Sマウントのニッコール50mm/2ですがシネレンズではないので番外編としました、通常は0.9mまでしか寄れませんが、この自家製マウントアダプターの特性上(手抜きなんですが)約0.5mまで寄れるので、今までこのレンズでは体験していない領域の描写が楽しめます、...

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。