SONY NEX-6とFUJIFILM X-E1が発売されてミラーレス界隈は盛り上がっていますね、ボクもどちらか欲しいなぁと思っていたんですけど、とりあえずというか今さらながら、ずっと使ってきたNEX-5をNEX-5Nに変えてみました、NEX-5に比べるとシャッター音がやさしく心地好い音になってるし、画質も透明感と解像感が増し、すごく良くなっているように感じます、なんと言っても初代NEX-5ゆずりの、この小ささがイイです、改造スピードパンク...

COOKE SPEED PANCHRO 28mm f/2 (T2.3)

 29, 2012

こんなものを手に入れました、とにかく大きくて重い、大量の色んな合金と少しだけガラスの集合体です、どれくらい大きいかというのが判るようにローライ35を置いて写真を撮りました、手元に届くまでレンズが付いた撮影機材らしきものというだけしかわからない謎の重量物でした、色々いじっているうちに、可動部分を発見したり、蓋が開いたり、、、35mmフィルムの映画用カメラのようだけど、35mmフィルムを入れるとパーフォレーショ...

スピードパンクロ

 18, 2012

RANK TAYLOR HOBSON COOKE SPEED PANCHRO SER 2 32mm f/2 T2.3アリフレックススタンダードマウントのスピードパンクロ32mm/F2を暫く使う機会がありましたので、描写の覚書きということで記事にしておきます、以下、GXR MOUNT A12に装着して撮ったものです、人物を撮った写真の心地好さは絶品で、やわらかい質感と瞳に合焦したピントがやさしくキリっとしていて、いいレンズだなぁと思いました、(ブログにはアップできないんですけ...

アリフレックスマウントのテーラーホブソン・クック・キネタル12.5mm/F1.8は、吸い込まれそうな独特な色の前玉の存在感と、ずっしりとした重量感で、光学ガラスがぎっしり詰まってる感がぷんぷんしてますが、これ実はトリウムレンズで、ガイガーカウンターを近づけるとピピピピッピピピッピピピピピピピピピと異常に反応してトリウムの配合率の高さが半端じゃない様子です、テーラーホブソンのアリレンズは何たって見た目がカッコ...

数あるCマウント標準レンズ(25mm/1inch)の中でNEXに装着してもくっきりケラレてしまわないレンズというのはほんの一部ですが、その中でも一際イメージサークルが大きくNEXと相性が良いと感じたのは、クック・フィルモスペシャル25mm/1.8でした、戦前のCマウン標準シネレンズらしい雰囲気の写にもかかわらず、コントラストやシャープネスもしっかりしているので被写体を選ばず使えるし、かなり寄れるて使いやすく、しかも小さくて...

細長い鏡胴が目を惹くテーラーホブソン・クック・キニック・アナスチグマット2inch/3.5 はコーティングの無い無色透明レンズの戦前モノで、いかにもクラシカルな雰囲気を放っています、本当にCマウントの50mmなの?と疑うほど小さいというか細いレンズですけど、距離リングを回すとヘリコイドがぐいっと伸びて、見かけによらずかなりの接写ができて、まるで羊の皮をかぶった狼ならぬ筍の皮をかぶった松茸のような、いや、ただ単純...

COOKE SPEED PANCHRO 50mm. f/2 (T2.3)

 24, 2010

アリフレックスマウントのテーラーホブソン・クック・スピードパンクロ50mm/2です、アリフレックスは16ミリフィルム機と35ミリフィルム機があり、レンズにも16ミリ用と35ミリ用が用意されていまして、アリレンズに興味を持ち始めた頃は16mm用レンズなのか35ミリ用なのか見分けがつかず駄目元で落札してみたりしました、スピードパンクロは35mm用、すなわち劇場用映画を撮っていたレンズですよね、16mmで撮られた劇場用映画もあるそ...

TAYLOR-HOBSON COOKE FILMO SPECIAL 1INCH f/1.8

 05, 2010

テーラーホブソン・クック・フィルモスペシャル 1inch/1.8ですが、このレンズ絞りリングと距離リングそしてヘリコイド機構の納まっている部分が同じ径なので直線的な印象のデザインで、おまけにコンパクトで薄べったくて、E-P1に装着するとかなりイイ感じの雰囲気を放ってます、3枚重ねたパンケーキみたいなレンズですけど、これもパンケーキレンズと呼べるのでしょうか(笑)写りはケラレ無しの中心くっきり周辺やんわり、そして...

CINAR ANASTIGMAT 1INCH FOC f/1.5

 07, 2010

銘板にCINAR ANASTIGMATとしか無くメーカーも国籍も記述の無い謎のレンズなのですが、某委託販売専門店でたまたま見かけて、このレンズ何?とか思いながらも漆黒のような品のある黒塗装光沢仕上げ鏡胴とずっしりとした重量感とガラス玉の存在感で衝動買いしてしました、手に入れたはいいけど素姓が全くわからなかったので早速ネットで調べてみるとlloyd356さんのブログでは既にこのレンズの謎が解き明かされていまして(さすが!)...

TAYLOR-HOBSAN COOKE CINEMA LENS 1 INCH f/3.5

 11, 2010

テーラーホブソンのクック・シネマレンズ1inch/3.5という名の小さな固定焦点レンズ、これは友人からの貰いもので、その友人の自宅に数十年眠っていた由緒ある!?レンズです、銘板にびっしり並んだ文字は一見プリントに見えるのですが、機械彫刻されいて白ではなく銀色の文字仕上げです、このレンズはCマウントネジの付け根に一段段差があって、Cマウントのフランジ面までネジ込めないので、削って加工でもしないかぎり無限が出ない...

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。