戦前のテーラーホブソンのクック・キニック1inch/1.5ですが、このレンズは黒いフード部分がオリジナルの状態より短くなっています、海外オークションにフード部分の先端が潰れていてるキニックと、何故かもう一本テーラーホブソンの1インチが付いたベルハウのシネカメラ(フィルモ70)が出ていて、その画像も小さくて、それでも駄目元で入札したのですが、届いてみるとレンズの状態がとても良く、フードの歪んだ部分を糸ノコで切...

Nikon CINE-NIKKOR 6.5mm 1:1.8 Arri-mount

 20, 2010

アリマウントのウルトラワイドレンズ、シネニッコール6.5mm/1.8は、焦点固定式で可動部分は絞りリングだけのシンプル構造ですが、35mm換算で13mm相当のパースペクティブをモニターに展開するので、E-P1の電源を入れて被写体に向けるだけでも愉しいレンズです、キノプティックにも5.7mmとい超弩級巨大鏡胴のウルトラワイドレンズが存在するようですが、このシネニッコール6.5mmは実用的な大きさだと思います、イメージサークルも結...

コダックSマウントはCマウント変換アダプターがありますが、コダックMマウントはアダプターどころか M4/3-Cマウントアダプターに押し当てても無限すら出ません、なのでコダックMマウントのレンズには興味が涌かずにいました、、、、が、コダックMマウントのレンズ群にはアンジェニューもある事を知り、それも旧タイプの黒鏡胴だったのでどうしても欲しくなり、今年に入って25mm/1.4を偶然手に入れることが出来ました、それをきっ...

B&H CO. ANSIX 17MM f/2.7

 16, 2010

ベルハウエルのアンシックス27mm/2.7というレンズですが、鏡胴のデザインも刻印もレンズもRAPTAR17mm/2.7にそっくりで、これはどう見てもウォーレンサックがOEM生産したレンズのようです、テーラーホブソンやアンジェニューのレンズでもBell & Howellの刻印入りをよく見かけますが、当時ベルハウエルのムービーカメラは相当な勢いがあったのでしょうね、写りもRAPTARと比べてみましたが、全く同じような写りだったので今回は省略し...

前玉も後玉も逆に湾曲しているアリフレックス・シネゴン10mm/1.8です、ライキナ用にもMマウントのマクロシネゴン10mm/1.8というのがありますね、画像で見ると似た様な前玉に見えますけど、同じ光学系なのかは不明です、マクロシネゴンは12cmまで寄れるらしいですがこちらは20cmです、マイクロフォーサーズで使うとちょうど丸く写るくらいのイメージサークルですが、10mmはさすがに超広角感もありパースもたっぷり効いて、モニター...

スーパーコマット(コマート?)1inch/1.9はベルハウエルの16ミリカメラに供給されていたレンズのようで、「Bell & Howell」の刻印がある直線的なデザインのアルミ鏡胴のものをよく見ますが、このレンズは「Bell & Howell」の刻印が無く、「Made by TAYLOR,TAYLOR & HOBSON LTD, England」と刻まれ、真鍮にクロームメッキの鏡胴は提灯のような形が印象的でかわいいです、テーラーホブソンの1インチ1.9は種類が豊富で、いろいろなデ...

WOLLENSAK 17MM f/2.7 RAPTAR

 04, 2010

ウォーレンサック・ラプター17mm/2.7は小さいけど造りの良い真鍮鏡胴でずっしり重いレンズです。前玉も後玉も直径5mm程しかありません。心地よい素直な描写で、近接撮影時の背景のボケもクセが無いようです。1950年代米国ではカセット式の16mmフィルムを使う小型シネカメラが普及しましたが、そのような小型16mmシネカメラの3本ターレットにこのレンズは欠かせなかったようで、望遠の3インチラプターと標準のラプターやルマックス...

このブログについて

 04, 2010

2009年6月末、一本のCマウントレンズ、Switar25/1.4を手に入れました、ルミックスG1に着けてみると今まで味わったことの無い甘美な世界がモニターに映し出され、ボクは急な坂道を転がり落ちるようにCマウントレンズの虜と化したのです、物事を整理しておくのが苦手なボクは、ブログという便利なツールで、手に入れたCマウントレンズがどんな写りをしたのかを記録することにしました、(全部を手元に残しておくことはできないし)以...

前回紹介したレンズキャリアーCですが、予想に反して結構実用で使っています。そしてCマウントネジの付いた純粋グリップもついでに作ってみました。レンズキャリアーCは元々ボトムグリップだった物を流用して作ったものなので、切断して余ったグリップ部分に、Cマウントのボディキャップを接着しただけなんですけどね。気を遣わずに使えるので普段はこっちの方がイイですね。中空なので中に何か仕込んでギミック搭載にしたい(笑)...

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。