SOM BERTHIOT PARIS CINOR 1:1.5 F=25

 30, 2010

ソンベルチオ・シノール25mm/1.5はエッジの鋭いアルミポリッシュの鏡胴と前玉のブルーのコーティングが美しく、以前紹介したシノール17mm/1.5と造りが似ていて、開放F値も同じ、フィルター径も同じ、シリアルナンバーも近いので、同世代の同シリーズのレンズなんだと思います、かなりフレアっぽい写りをしてケラレも目立ちますので、使いこなしが難しくシーンを選ぶレンズだと思います、万能レンズとは対極にあるこういうレンズを...

5/11の記事でケラレると書いてしまったクックアナスチグマット1inch/2.7ですが、先日ネットオークションを見ていたらフードが付いていない状態のこのレンズの画像を発見しまして、ナニ!外れるのか!ということで適当なリングプライヤーとゴムシートを使って回してみたところ、今まで固着していたフードがなんとか外れました、フードを外して撮ると案の定全くケラレないレンズだったので訂正も兼ねて(その2)をアップしました、...

P.ANGENIEUX PARIS F25 1:0,95 TYPE M1 その2

 24, 2010

言わずと知れたアンジェニュー25mm/0.95、でもこんなの見たこと無い~!?それもそのはず、このクローム/ブラックのコンビの0.95は、距離と絞りのリングだけブラックに塗装したもので、オリジナルにはこんなモデルは存在しません、(オリジナルの状態はこちら)しかし悪趣味~!悪趣味ついでに0.95の刻印だけ赤にしてみました(笑)そしてさらに悪趣味を演出するためにlo●is●uittonのグリップをそえて写真を撮ってみました(爆)この...

WOLLENSAK 1INCH F1.9 CINE-VELOSTIGMAT

 18, 2010

ウォーレンサックのシネべロスチグマット1inch/1.9は当時ポピュラーなレンズだったようでネットオークションでも結構見かけます、クロームとブラックのコンビの鏡胴が一般的ですが、このレンズはちょっと珍しい全身黒尽くめの鏡胴です、ノンコートの所為か或いはレンズ設計の所為なのか、やんわりとした写りが特徴のレンズなのですが、この描写がボクにとっては難物でして、非常に使いこなしの難しいレンズだと実感しています、な...

あまりに気持ち良い写りをしたので実写編から先にアップしてしまいましたバルター15mm/2.3ですが、さてさて工作編です、ボシュロムのシネレンズといえばバルターとアニマー、ボクはネットでボシュロムのレンズをいろいろ見ているうちにバルターは35mm用でアニマーが16mmのレンズなんだと何となく分類するようになっていたので、この小さなレンズブロックがオークションで安く出ているのを見て35mm用だと思って落札しましたが、届い...

α

 13, 2010

アリフレック35mmのレンズで35mmシネサイズフルハイビジョン動画撮影できるコンデジα-NEX5!待望のAPS-Cライブビュー機が発表されたので、今朝ソニービルに寄って触ってきましたが、印象は、小さい!軽い!思っていたほどカッチョ悪く無い!てな感じでした、ショールームのスタッフに少し質問して、レンズ無しレリーズの設定をしてもらって、フォーカルプレーンシャッターが組み込まれているのも確認しました、シャッターを切るとフ...

COOKE ANASTIGMAT LENS 1INCH f/2.7

 11, 2010

絞りリングに翅の生えた、ちょっと目を惹くテーラーホブソン・クック・アナスチグマット1inch/2.7です、この個性的な意匠のクックは今まで数本見たことありますが、ヘリコイド付きで距離調整が出来るタイプや、Cマウントのネジ付け根の段差で無限の出ないものもありました、ノンコートの戦前もので20~30年代のレンズだと思いますが、海外オークションにもよく出るので、当時は相当な数が作られたのではないでしょうか、戦前...

ボシュロムのバルター15mm/2.3Cマウント改造レンズです、笑いが取れるほどの超極小レンズの外見とは裏腹に、写りはモニターを見ただけで驚いてしまうほどの解像力、抜けの良さ、色再現、コントラスト、どれを取っても文句無し、おまけに周辺のグルグルボケスパイスも効いています、今朝ウチのベランダで撮ってみたら、あまに写りが気持ち良いので、工作編を後回しにして実写編からアップしてしまいました、焦点固定(近接専用)、...

アリフレックス・クセノン50mm/F2は35ミリフルサイズをカバーしそうなくらいイメージサークルが大きいので、ライカに着けてフィルムで撮ってみようと前々から思っていたんだけど、アリ-ライカMマウントアダプターにレンズをつけて眺めていると、ふとある事を思いつきました、レンズ関係やリング関係などまとめてあるカメラのジャンク箱を探してみると、ちょうど良さそうなリング(レンズシャッターカメラのレンズの前枠?)があっ...

Cine-NIKKOR 1:1.8 f=50mm Nippon Kogaku Japan

 04, 2010

シネニッコール50mm/1.8の小振りで無駄の無い造りと充分なイメージサークルはマイクロフォーサーズと相性が良く、開放F値が1.8と結構明るい割に軽量なのでカバンに常に入れて歩くのに最適なレンズかもしれません、写りは優等生、とてもシャープですっきりとした描写、でも冷淡な感じは無く、何となく心地良いあたたか味を感じるところがイイ感じ、メートル・フィート両表示、最短撮影距離1m、全長48.5mm、最大径42mm、重量170g、...

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。