KODAK ANASTIGMAT F-1.9 25mm

 28, 2010

コダックの16ミリシネ用レンズマウントにはCマウント、Sマウント、Mマウントの他に少し形状の違うマウントがありまして、何マウントというのかボクは知らないのですが、兎に角今の所マイクロフォーサーズには装着するすべの無いマウントでして、このコダックアナスチグマット25mm/1.9もその何とかマウントのレンズだったので、M4/3で使えるようにCマウントに改造しました、以前記事にしたMマウントのKODAK ANASTIGMAT F-1.9 25mm ...

1:1,1

 22, 2010

Macro Switar 26/1.1想い焦がれてそろそろ1年が経つ頃ですが、ついにというか、とうとうというか、やっとですね、買いました、やっぱり格別ですね、じっくり使い込んでみようと思います、GRD IIで撮影...

アリマウントのバルター50mm/2.3は不思議な構造のレンズで、ヘリコイドを繰り出して最短表示の3フィートを超えると、ヘリコイドの直進ガイドが外れ、さらにレンズヘッドを掴んで回していくとレンズヘッドが外れてしまいます、何処にもストッパーらしき構造が無く元々こういう設計の様に見えますが、どんどん繰り出す分寄れるので、ある意味優れもののレンズです、使い方に慣れてしまえば、簡単に通常ヘリコイドのポジションに戻せ...

Kodak Cine Ektar II Lens 25mm f/1.9 その2

 15, 2010

cマウントレンズの中でも特にお気に入りのシネエクターII 25mm/1.9を久しぶりに使ったら、周辺流れ放題のC玉に慣れ親しんだ所為か、頗るマトモな写りに見えてしまいます(笑)とはいえ、人物を撮った時のドキッとするほどのウルトラリアリズムな描写と濃厚な発色に、あらためて魅了されてしまいました、...

TAYLOR-HOBSAN COOKE CINEMA LENS 1 INCH f/3.5

 11, 2010

テーラーホブソンのクック・シネマレンズ1inch/3.5という名の小さな固定焦点レンズ、これは友人からの貰いもので、その友人の自宅に数十年眠っていた由緒ある!?レンズです、銘板にびっしり並んだ文字は一見プリントに見えるのですが、機械彫刻されいて白ではなく銀色の文字仕上げです、このレンズはCマウントネジの付け根に一段段差があって、Cマウントのフランジ面までネジ込めないので、削って加工でもしないかぎり無限が出ない...

イメージサークル

 08, 2010

NEX-5とNEX-3が発売されたのでAPS-Cミラーレス機で使うと良さげなイメージサークルのCマウントレンズは無いかと思ってAPS-Cサイズに切りぬいた紙をピントスクリーンに押し当てて、前からレンズを押し当てていろんなレンズを試してみようと思っています、このくらいのイメージサークルが適度に周辺が流れたり減光したりで良いかなと、ちなみにこのレンズはシネニッコール50/1/8です、本命は35ミリArriflex用のレンズでしょうけど、...

CINE-KODAK TELEPHOTO F-4.5 3in.

 07, 2010

カナダの友人からプレゼントで送られてきた箱の中に、シネコダック・テレフォト3inch/4.5という小さな望遠レンズが入っていました、マウントはコダックMマウントでしたが、実はMSアダプターが付いていてその正体はSマウントでした、あまりに小さいしF値も暗いので8ミリ用のレンズでM4/3では丸く写るだろうと思っていたら、しっかり?カバーしているじゃないですか!ヘリコイドを分解してみるとレンズヘッドの後端がこんなに細くて...

Carl Zeiss Jena DDR Tevidon 1.8/16 その2

 05, 2010

ツァイステビドン16mm/1.8実写編その2です。(その1はこちら)もともと寄れるテビドン16mmですが、5mmの接写リング(C-CS変換リング)を使うと16mmという焦点距離の短さと相まって、カ・ナ・リ・の接写力!接写リング無し最短C-CS変換リング使用・絞り開放C-CS変換リング使用・絞りF5.6C-CS変換リング使用・絞り開放C-CS変換リング使用・絞り開放C-CS変換リング使用・絞り開放...

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。