コンタックス/ニコンS-M4/3アダプターを作ったので手持ちレンズを試してみました、Sマウントのニッコール50mm/2ですがシネレンズではないので番外編としました、通常は0.9mまでしか寄れませんが、この自家製マウントアダプターの特性上(手抜きなんですが)約0.5mまで寄れるので、今までこのレンズでは体験していない領域の描写が楽しめます、...

Contax/Nikon-S → M4/3 Adapter

 29, 2010

コシナからNEX用のSマウントアダプターが出るんだ、でも外爪専用なんだな、なんてコシナのサイト見てたんですけど、、、以前、コンタックス-ライカアダプター作ろうと思い途中まで削って、あまりの難しさに放りっぱなしになっていたコンタックスの純正マウントのことをふと思い出しまして、改造ベースで手に入れておいたM4/3のマウントもあったので、当ててみるとかなりオーバーインフなので、隙間を埋めるリングを探したら丁度良...

Schneider-Kreuznach Xenoplan 1:1.9/25

 26, 2010

シュナイダーのクセノプラン25mm/1.9はイメージサークルが広く周辺の像の破綻も少なくて扱いやすいレンズです、マゼンタ系のしっかりとしたコーティングが施され、その写りは上品で明るい性格!?といった感じでしょうか、シュナイダーは16ミリシネ用レンズの頃から数多くのCマウントレンズを出していますが、90年代にNASAに納入したという歴史もあるんですね、そして現行品にも1インチ0.95があるのを知り、以前国内の代理店に見積も...

DALLMEYER TRIPLE ANASTIGMAT F/2.9 F=1

 22, 2010

ダルメイヤーの小さな標準レンズ、トリプルアナスチグマット1inch/2.9は真鍮に黒塗装の鏡胴と銘板の機械彫刻文字に風格があり、特にフードを装着するとバランスが良く美しい意匠のレンズです、焦点の調整機構はありませんが、絞りは光彩絞りになっています、元々Cマウントネジが長く、E-P1には最後までねじ込めず使えませんでしたので、ネジ部を削ってE-P1でも使えるようにしました、焦点固定式、全長23.5mm、最大径28.4mm、重量61...

シネコダック用の交換レンズにはマイクロフォーサーズと相性の良い魅力的なレンズが数多く、25mmなのに全くケラレず周辺まで破綻無く写るレンズや、レンズ名にはマクロと名乗らずとも機構的にも描写的にも完全なマクロレンズがあったりします、一つ前のAngenieux25/0.95の記事でレンズ撮影に使ったのがシネコダのレンズCine Ektanon50/1.6なんですが、Macro Switar26/1.1もびっくりの描写だと思いませんか、アカデミー賞最優秀ドキ...

P.ANGENIEUX PARIS F25 1:0,95 TYPE M1 その3

 16, 2010

アンジェニュー 25mm/0.95 タイプM1、このレンズを使うたびにいつも想ふ事、「これでケラレなけりゃ最高なんだけどなぁ」あっ!言っちゃった(笑)まぁそういうモドカシサもひっくるめてアンジェニュー25/0.95の魅力と言ってしまえばいいんですけどね、それにもし25/1.4くらいたっぷりのイメージサークルがあったら今よりさらに値が上がっている可能性もあるし(笑)でもこの0.95はマイクロフォーサーズのムービーで使うとケラレな...

Kern-Paillard SWITAR 1:1.4 f=25mm C

 11, 2010

5月の記事で少し触れたARでもH16RXでもないスイター25mm/1.4Cですが、スイター1.4のなかではイメージサークルが広い印象で周辺像の暴れも少なく使いやすいレンズです、撮影距離によって四隅の像の流れが現れますがRXほど極端な流れではないので、遠景の撮影でもレンズが被写体を選ぶような感じはしませんでした、ちょうど1年前Cマウントブログを始めるきっかけになったスイター25mm/1.4RXと並べると外観上の違いは刻印の違いの他...

CINAR ANASTIGMAT 1INCH FOC f/1.5

 07, 2010

銘板にCINAR ANASTIGMATとしか無くメーカーも国籍も記述の無い謎のレンズなのですが、某委託販売専門店でたまたま見かけて、このレンズ何?とか思いながらも漆黒のような品のある黒塗装光沢仕上げ鏡胴とずっしりとした重量感とガラス玉の存在感で衝動買いしてしました、手に入れたはいいけど素姓が全くわからなかったので早速ネットで調べてみるとlloyd356さんのブログでは既にこのレンズの謎が解き明かされていまして(さすが!)...

KERN MACRO-SWITAR 1:1.1 f=26mm H16 RX

 04, 2010

ケルンのマクロスイター26mm/1.1は、その名の通りマクロレンズでありながら開放F値1.1という驚異のスペックなのですが、プリセットレバーと被写界深度表示のドット、真ん中くびれたグラマラスな鏡胴デザイン、マクロ域で現れるビビッドな赤の帯などなど、その容姿のグッとくる加減も相当なものでして、E-P1とのマッチングも絶妙です、距離リングは無限位置から一回転するあたりからマクロ域を示す赤いラインが現れ、ほぼ二回転す...

VOIGTLANDER COLOR-SKOPAR 21mm F4 MC 番外編

 01, 2010

ちょっと一息、今回はシネレンズでは無くてフォクトレンダーのカラースコパー21mm/4です、コシナが送り出すフォクトレンダーのレンズ群は高性能でありながら遊び心たっぷりの凄いレンズばかりですが、ワイド系ではこの21mmがお気に入りです、ライカに着けてフィルムで撮ると、これでもかというくらい濃厚な発色と独特な輪郭の写真が撮れるんですが、E-P1で使ってみても結構相性が良いんですね、とことで、コシナからマイクロフォー...

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。