極小C玉

 30, 2010

Cマウントレンズの中でも"ちょいヤバ系"なのは極小Cマウントレンズです、極小C玉はF値は暗めですが、イメージサークルの広いものが多くて、その描写は、とことんクラシックな写りの玉あり、絵画調の色のりのする玉あり、驚くほど収差を感じない玉ありと実に様々で、カメラに着けてみるまで何が出るかわからなくて愉しいです、でも何たってマイクロフォーサーズ機に装着したアンバランスな姿がタマラナイんですよ、画像の左端、E...

COOKE SPEED PANCHRO 50mm. f/2 (T2.3)

 24, 2010

アリフレックスマウントのテーラーホブソン・クック・スピードパンクロ50mm/2です、アリフレックスは16ミリフィルム機と35ミリフィルム機があり、レンズにも16ミリ用と35ミリ用が用意されていまして、アリレンズに興味を持ち始めた頃は16mm用レンズなのか35ミリ用なのか見分けがつかず駄目元で落札してみたりしました、スピードパンクロは35mm用、すなわち劇場用映画を撮っていたレンズですよね、16mmで撮られた劇場用映画もあるそ...

WOLLENSAK f2.7 CINE VELOSTIGMAT 1" FOCUS

 17, 2010

固定焦点の小さな1インチレンズ、シネベロスチグマット 1"/2.7です、1930年代くらいのレンズでしょうか?Cマウントのネジが長くE-P1には最後までネジ込めないので、今回はGF1に装着して撮りました、このレンズは海外ネットオークションで画像を見た瞬間 「何コレっ!?」と思って落札したんですけど、鏡胴に○のグラデーション刻印があるんですよ、○0oって感じで、、、そんなわけで手元に届いてたんですけど、その○0o刻印と小さ...

新しいブログ

 08, 2010

昨年7月に始めましたこのブログですが、欲しかったシネレンズも結構手に入ってしまって、近頃は新たなレンズの入手自体が減速気味です、まだ欲しいレンズはあるんですけど、滅多に出て来ないし出て来ても高額で触手が伸びない、、、、それと、1本のシネレンズを作例らしき写真入りで紹介するみたいなスタイルのブログでは物足りなくなってしまったので、新しいブログをはじめる事にしました、新しいブログはこちらです→ MACH 0.00...

TAYLOR-HOBSON COOKE FILMO SPECIAL 1INCH f/1.8

 05, 2010

テーラーホブソン・クック・フィルモスペシャル 1inch/1.8ですが、このレンズ絞りリングと距離リングそしてヘリコイド機構の納まっている部分が同じ径なので直線的な印象のデザインで、おまけにコンパクトで薄べったくて、E-P1に装着するとかなりイイ感じの雰囲気を放ってます、3枚重ねたパンケーキみたいなレンズですけど、これもパンケーキレンズと呼べるのでしょうか(笑)写りはケラレ無しの中心くっきり周辺やんわり、そして...

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。