アリフレックススタンダードマウントで14.5mm/3.5というスペックのアンジェニューを手に入れたんですけど、これ本当にアリマウントなの?と疑うほど小さいレンズで、その上ナント35mmシネ用であり、そして超広角のレトロフォーカスであるという、驚くべきレンズです、35mmアリフレックス用広角レンズはスピードパンクロ18mmみたいに大きくて重いものだと思っていましたし、エキザクタマウントやM42マウントやライカマウント等のレ...

Entries Kodak Cine Ektar II Lens 25mm f/1.4

 20, 2010

最近手に入れましたSマウントのシネエクターII 25mm/1.4は、以前から使っているシネエクター25mm/1.4と比べても距離リングなどのローレットの刻みの違いがあるだけで、前玉と後玉を見る限り光学系の違いはコーティングも含め皆無に見えまして、写りも違いが感じられません、ローレットが大きめのギザから細かい格子のギザに変更されているのは、同じSマウントのシネエクター15mm/2.5もそうなんですけど、こちらの刻印はどちらもCin...

Carl Zeiss Planar 2/35 T*

 14, 2010

コンタックスGレンズがアダプターで簡単にデジカメに着いて、使いやすいヘリコイド連動リングまで装備されていて、最短でも正確にピント合わせができるなんて、ライカ用にビオゴンなどのGレンズを距離計連動改造して遊んでいた頃には想像もしなかった未来の世界に今暮らしているんだなと、僅かばかり感慨深い気持ちになってみたりしますが、それはともかくGプラナー35mm/1:2のピントの切れ味はスゴいです、「F2といっても35mmだか...

本家レンズキャリアーM(14404)と自作のレンズキャリアーCを並べてみただけのとるに足らない記事なんですが、、、ちなみにE-P1にはダルメイヤー1"/1.8レンズキャリアーCにはテーラーホブソンクックキニックアナスチグマット2"/3.5を、ライカM4モドキ改造M6にはズミクロン35mm/2(7枚玉)レンズキャリアーMにはエルマー90mm/4を着けてみました、ところで話は反れますけど、今まで使っていたE-P1は保証が切れてしまいましたので、3年保...

Kern-Paillard PIZAR 1:1.8 f=50mm H16RX

 07, 2010

ケルン・ピザー50mm/1.8は、Cマウントの50mmレンズの中では非常にコンパクトなレンズで、鏡胴の意匠も洗練された印象をうけます、この鏡胴の形状はどこかで見たことがあるなぁと思っていたら、思い出しました!幻のCマウントレンズ、スイター26mm/0.94にかなり似ていますね、一時期ネット上でCマウントレンズファンを騒がせた、あのSwitar 26mm/0.94ですけど、一体どんな写りをするんでしょうかね? あー知りたい知りたい! 余談...

NEX-5との相性が気になっていたアリフレックス・スタンダードマウントのアンジェニュー24mm/2.2です、大きさを除けば相性は抜群ですが、大概のレンズはNEXに装着してもアンバランスなので仕方ないですね、純正レンズですらアンバランスですからね、NEX-5は装着したレンズとの見た目のアンバランスさを楽しむカメラかも(*^0゚)v ...

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。