Kern-Paillard YVAR 1:1.8 f=13mm

 24, 2012

ケルン・パイヤールのDマウントレンズ、イバー13mm/F1.8の寸胴では無いほうのタイプなんですけど、距離リングのローレットが刻んである細い帯が「ふたえ」になっているのが特徴です、鏡胴のデザインが似ているイバーの13mm/F1.9は、この距離リングのローレッが太い1本帯です、8ミリシネ用のこのイバー1.8とほぼ同じスペックの16ミリ用が1つ前の記事のCマウントのイバー25mm/F1.8になるのだと思いますが、鏡胴のデザインもそっく...

Kern-Paillard YVAR 1:1.8 f=25mm

 18, 2012

スイスの光学メーカー、ケルン・パイヤール社のCマウント標準レンズの中でもちょいレアなイバー25mm/F1.8です、ずっしり重い鏡胴に、お得意のオレンジドットの被写界深度表示、マクロスイターやスイターやピザーに比べると地味なスペックに感じるし、写りも一見地味ですが撮った写真を眺めていると何処か深みのある品の良い描写に感じてきます、マイクロフォーサーズではアスペクト比3:2でもケラレがあるので、気になる時には1:1で...

01 STANDARD PRIME ブラック!

 09, 2012

ペンタックスQを買うと付いてくる単焦点標準レンズ、01 STANDARD PRIME(SMC PENTAX 1:1.9 8.5mm)ですが、購入した日に使ったきりでなんだかもったいないなぁと思い、純正のフジツボ型フードも買ってみたのですがやっぱり使わなくて、ますますもったいないなぁと思っていたんですけど、気分一新ブラックに塗装してみました、プラスチックの鏡胴だし、分解できる構造かどうかもわからないので、フードとフードキャップを軽くねじ込...

フランスのレンズには、Cマウントレンズに興味を持つ以前から或る種の憧れを持っていて、アンジェニューの50/2.8のついたコダックレチネッテ1Aとかベルチオ・フロール45/3.5のついたセムキムとかニコンSマウントに改造したベルチオシノール50/3.5とかMマウントに改造したフォカのオプラー35/3.5の前身フォカ35/3.5とか、すごく気にいって使っていたレンズもあったけど、キノプティックという光学メーカーのレンズには縁が無く、...

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。