SOM BERTHIOT CINOR 1:1.9 f=10

 29, 2012

SOMベルチオ・シノール10mm/F1.9は、アルミの加工が美しい鏡胴にレトロフォーカス設計の大振りな光学系でとても存在感のあるフランス製16ミリフィルムシネ用Cマウントレンズです、マイクロフォーサーズには足りないイメージサークルもペンタックスQでは持て余す程なので、入手して1年以上放置してあったレンズが軽快に使えるようになりました、Qの恩恵、、、フィート表示、最短撮影距離:10inch、全長56mm、最大径44.5mm、重量191...

幻のレンズは幻ではなかった

 22, 2012

まさか今頃になって出てくるとは思わなかった、あれほど探していたのに何処にも実在するという情報が無かったレンズ、当時、広告には載せたけど実際には生産されなかった幻のレンズなのだと思っていた、あのCマウントのZUNOW 25mm (1inch) / F1.1が実在した、しかも手に入ってしまったのです、、、PentaxQ+MacroSwitar26mm/F1.1で撮影しました、画像はクリックで拡大、モニター環境によってはさらにクリックで拡大できます、...

40mm Extension tube+MacroSwitar50mm/F1.4

 19, 2012

SIGMA DP2x(内蔵フラッシュ、スローシンクロ、即席デュフェーザー使用)オリジナルサイズの画像はこちら長さ40mmのCマウントのエクステンションチューブは、普段ボトムグリップとして使用しているけど、撮影に使った事は一度しか無かったので、どの程度使えるものか良く分からずにいた、ちょっと試してみようと思いたって、標準レンズ(25mm前後)と組み合わせてみたけど長過ぎてピントが来ないので、50mmのレンズと組み合わせる...

SONY NEX-7にしようかなぁとかFUJIFILM X-Pro1もいいよなぁとか悩みつつRICHO GXR MOUNT A12を買ってしまった、ネットをいろいろ見てると、ルサールやビオゴンやアンギュロンやホロゴンのように後玉が大きく張り出してるレンズに一番威力を発揮しそうなのがマウントA12らしくて、テレセントリック性からかけ離れた其のテの広角レンズでも周辺の色かぶりや結像の甘さが殆ど出ないらしいというのを知ってしまった、、、ARRIFLEXマウ...

Bell & Howell - Angenieux 10mm. f/1.8 RETROFOCUS

 07, 2012

ベル&ハウエルとアンジェニューのダブルネームものは25mm/75mmにも(13mmも?)あるけど、この10mm/F1.8も然りでありまして、2009年7月の記事のP.ANGENIEUX PARIS F.10 1:1,8 RETROFOCUS R21と刻印以外は同じものと思われる、ヘリコイドが無いので近いものにピントを合わせるにはCマウントのネジを弛めて合焦させることになる、このテの焦点距離の短いレンズは、使用するマウントアダプターに合わせてしっかり無限を調整すること...

ノクトンクラシック35mm/F1.4とマイクロフォーサーズ、70mm相当/F1.4だなんて、ポートレートには最高のレンズって感じの組み合わせで、大きさや形状や使い勝手もマイクロフォーサーズには相性が良いと思う、画像はクリックで拡大、モニター環境によってはさらにクリックで拡大できます、...

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。