FUJIFILM X-E1とSONY NEX-5NとRICOH GXR MOUNT A12、APS-Cミラーレス機が手元に3台あります、3台ともシネレンズやライカMやLマウントのレンズ、今どき風に言えばオールドレンズを使う為に購入したものですが、この3台のミラーレス機とオールドレンズの相性が以前からずっと気になっていました、もっと具体的に言えばイメージセンサーの結像特性の事です、自分なりなにレンズの評価を下すにあたり、センサーの結像性能不足が原因で...

Dマウント『ワルツ三兄弟』

 15, 2013

国産のDマウントレンズで思い浮かぶレンズのブランドを挙げると、Zunow-cine、Cine-Nikkor、Cine-Zuiko、Cine-Yashinon、Cine-Arco、Sun、Sankyoってところでしょうか、国内でも相当普及したと思われるダブルエイトのムービーカメラに付いていたDマウントレンズには、もっとマイナーなブランドのレンズが数多く存在しているのではないかと想像していましたが、『国産B級Dマウントレンズ』なんてジャンルを楽しんでる方もいるのかい...

Carl Zeiss Planar 1:2 f=32mm (Arri-Mount)

 07, 2013

アリフレックススタンダードマウントのカールツァイス・プラナー 32mm/F2は35ミリフィルム映画用に作られたレンズですが、APS-Cミラーレス機との相性がほぼ完璧と言えるイメージサークルを備えたレンズです、Fujifilm X-E1にHawk's Factoryの補助ヘリコイド付 MアダプタVer2とARRI-Mアダプターの、Hawk'sアダプター二枚重ねで装着して使っていますが、センサー面から21cmまで接写が出来て、焦点距離は35ミリ換算で48mm相当なので個...

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。