スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KERN MACRO-SWITAR 1:1.1 f=26mm H16 RX

  04, 2010 22:30
P1010319.jpg

ケルンのマクロスイター26mm/1.1は、その名の通りマクロレンズでありながら開放F値1.1という驚異のスペックなのですが、プリセットレバーと被写界深度表示のドット、真ん中くびれたグラマラスな鏡胴デザイン、マクロ域で現れるビビッドな赤の帯などなど、その容姿のグッとくる加減も相当なものでして、E-P1とのマッチングも絶妙です、

距離リングは無限位置から一回転するあたりからマクロ域を示す赤いラインが現れ、ほぼ二回転するヘリコイドです、マウントは最後の一締めで簡単に指標の位置決めを出来る構造にもなっています、

純正フードは短いタイプと長いタイプ二個がセットのようで、短い方はフィルターを挟み込む為のものかもしれませんが、マイクロフォーサーズで使うときにはこの短いフードがケラレが少なくて重宝します、

純正のレンズキャップは付属していなかったので何か良いレンズキャップは無いかと探しましたところ、ペンデジのパンケーキレンズ用の純正キャップがピッタリ合いました、

今回は敢えて絞って撮った写真ばかりをアップすることにしました、絞り値はF2~5.6の間です、

P1010316.jpg

フィート表示、最短撮影距離195mm位(表示は11/2フィートまで)
全長13.2mm、最大径42mm、
重量154g、

P7026587.jpg

P6256477.jpg

P6276510.jpg

P6256470.jpg

P7026581.jpg

P6256479.jpg

P6256473.jpg

P7046593.jpg

P7056594.jpg
土曜日にオカヤドカリのオオムラさんが脱皮しました

その2へ続く

Comment - 8

ktf_turbo  

やはりSwitar1.1は見た目も写りも良いですね~

純正レンズキャップのアイデアには脱帽しました!

Edit | Reply | 
Nash  

Kernとは関係ないですが

ちい散歩みました!
ちいさん、かなり興奮していましたねぇ。

Edit | Reply | 
ramjee  

kft_turboさん

絞り値によってガラリと表情を変えますが、スイターらしさは感じますよね、

パンケーキのキャップはほんの少し弛めなのですが速写性もあるので結構重宝してます、

Edit | Reply | 
ramjee  

Nashさん

あ、どうもどうも、見ていただいたんですね、

今までひっそり営業していましたが、地元でも有名な店になってしまいました(笑)

Edit | Reply | 
文四郎  

はじめまして

「1:1,1」の方の「183」の仮想入手ストーリー拝見させていただきました。
私はそれとは違うストーリーなのですが初めてな上にひと月前の話題ですが書き込ませてください…

あれは今から○○年程前。新しい職場で私に与えられた仕事は退職者や終了したプロジェクトの品々を倉庫で整理することでした。
入った途端にこれか…と腐ってましたが、いい箱を開けると時々凄い面白いものが入っていたりしたので、やりがいはないものの楽しむことにしました。
しかし凄い!と騒いだら、それまでごみ扱いしていた上司がさっさと持って行ってしまったこともあり、大人の世界の汚さも知りました。

ある日のごみ整理ではじっこにあった段ボール箱を開けることに。
その中には、ニコノス2台に15mm玉が2個etc、
そして何やら二眼?WAGOFLEX、となんだか映画を撮るみたいな機械。
機械は銀座さくら屋で購入したらしきBeaulieu R16Bでした。オーバーホールもしたらしくその伝票入り。でかい。

その時の私はむしろ高くて手に入らなかったニコノス15mmにひそかに興奮していて(笑)これ貰ってもいいですかーと出来るだけ気のなさそうな声を出すのにかなりの精神力を使いました。
価値のわからない上司はいいよーと軽い返事。
初任給は某ContaxRF Biogon21/4.5のMマウントを購入した私です。(密かに)大喜びです。

ビニール袋でごちゃっと纏めてある映画撮影機械の中に、なんだか小さなレンズにKern、Macro-Switarと書いてあるのを発見したのはその時でした。
詳しくは知らないものの、その二つの単語は知っていました。そもそもマクロは大好物です。多分本体よりもこのレンズ一個のが貴重だ!と思ったか思わないか、回収しなければゴミ行きなのでついでにシネカメラっぽい機械も二眼も全部貰うことに。

しかしながら、帰ってからカメラ雑誌などで調べてもMacro-Switarで出てくるのは違うレンズばかりだし、取り付けるボディも使えるものはどれかわからないまま、ガラス玉はとりあえず大切に取っておくの自分法則に基づき今日まで来てしまいました。

M4/3やNEXが流行り始めてアダプタめぐりをしていたときにピコーン!そういえばあれ、Cレンズだったかも…。
名前を調べてPCの前で吹きました。

もうおわかりかと思います。

あの時ビニール袋にごろんと放り込まれて捨てられる寸前に救出した私のMacro-Switarは1:1.1 f=26mm H16RXでした(笑)

とりあえず、一本だけ持っているCレンズですが、アダプタを即注文してきたところです。
長文自分語り失礼しました…あまりにも劇的な(自分的に)話でしたのでテンションが物凄く上がってしまいました…

Edit | Reply | 
ramjee  

文四郎さん、コメントありがとうございます~

凄ーく面白くて羨ましいエピソードですね!
もしその当時、文四郎さんが担当じゃなかったとしたら、不燃ゴミになっていたかもしれないですね(恐)
でも本当に廃棄物になっているマニア垂涎のカメラやレンズやその他機材も沢山あるのでしょうから、そんな事まで考えてもしかたないんですけど(笑)

持っているCマウントレンズがマクロスイター1.1だけというのも渋すぎます!
でも他のCマウントレンズはどんな写りをするんだろうと手を出すと危ないですよ~(笑)

Edit | Reply | 
文四郎  

コメントありがとうございます

既に手遅れのような…(笑)
こういう使い方大好きなので、こちらのブログの様々なレンズ見ていると、いてもたってもいられないです。

実は最近NEX使いになったのですが、今日Cアダプタが届いて部屋の中でマクロスイター1.1でパチパチやっていました。
1.1だととってもピンが薄っ!MFアシストなかったらとてもピン合わせられないです。
M4/3に比べると当然ケラレも大きいのですが、面白くってやめられません…。
明日、外に連れて行ってあげようと思います。

Edit | Reply | 
ramjee  

文四郎さん

NEXもいっちゃったんですね~

NEXはCマウントの50mm前後の玉が一番面白く使えるセンサーだと思います、ボクも使ってみたいと思ってますがまだNEXには手を出してないんですよ、

毎日持ち歩くカバンが更に重くなりそうでこわくて(笑)

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。