スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロスイター26mm/1.1あれこれ

  26, 2010 09:32
P1010794.jpg

マクロスイター26mm/1.1の距離リングは、無限から一回転で一般的なCマウント標準レンズの最短撮影距離に達し、さらにもう一回転が接写ゾーンで被写体にグっと寄れるんですけど、シネコダックのマクロ機構付きレンズのように一回転ごとにロックピンを持ち上げて解除といった操作不要でスムーズに二回転してきちんと止まるこのヘリコイドの構造って、ちょっと不思議ですよね、

で、分解してみると、、、

R0010153.jpg

小さなベアリングの玉が鏡胴側のストッパーと距離リング側のストッパーの間に入っている構造が現れるんですが、普通は一回転でストッパー同士がぶつかり回転を止めてしまうところを、鏡胴側に一周彫られた溝をその玉が転がり二回転させる事ができます、

簡単な図で示すとこんな感じです、

R0010702.jpg

シンプルで無駄の無いこのギミックのおかげで、二回転ヘリコイドなのにずば抜けてコンパクトな鏡胴が成し得たわけですね、



先日、常連のお客さんにスゴいものを見せてもらいました、

P1010795.jpg

マクロスイター26/1.1の中でもレアな黒鏡胴は今まで何本か目にした事がありましたけど、コレはH16RXの刻印の代わりにMulticoatedの文字が彫られていまして、ボクはコレ初めて見たんですけど、CマウントのマクロスイターでRXレンズではないものが存在する事自体初めて知り、

「珍しいので写真撮ってもいいですか?個人的な記録なのでブログに載せたりしませんので(笑)」

と尋ねると、

「どうぞどうぞ、ブログにも載せていいですよ~」

というオーナーの方のご好意によりブログにアップさせていただいた次第です、



以下の写真はボクの所有する白鏡胴のちょいぼろマクロスイターで撮った写真なんですけど、、、

PA118222.jpg

PA118233.jpg

PA168270.jpg

PA178278.jpg

PA178279.jpg

PA178285.jpg

PA178286.jpg

PA178290.jpg

PA178301.jpg

PA178307.jpg

PA178312.jpg

Comment - 8

admattt15  

一番上の写真は葛西臨海公園とお見受けましたが、野鳥観察ですか?〈笑〉いろんな所に出没されていますね。ガラクタばかり集めてマクロの夢が遠のいていく今日この頃です。

Edit | Reply | 
-  

こんばんは。
私もKernのマクロプリセットのヘリコイドは分解したことがあるのですが、二回転の謎がいまいち理解できていませんでした。
イラストで説明していただくと非常にわかりやすいです。
マルチコーティングのマクロプリセットスイターは10mmのものが手元にあるのですが、RX表記がこちらもありませんでした。
RXタイプとは写りも違うのでしょうか??

Edit | Reply | 
ukeram  

admattt15さん

そ、そうです、葛西臨海公園の野鳥公園の辺です、でも野鳥観察ってわけではないんですけどね、

近頃はC玉の値段も結構落ち着いてきましたけど、マクロスイターは???シネカメラに詳しい知人に聞いた話ですけど、Cマウントレンズなんて誰も見向きもしなかった時代でもマクロスイター26/1.1は中古で¥50Kくらいしたらしいです、

Edit | Reply | 
ukeram  

ktf_turboさん

スイター10mmはまだ使った事が無いんですけどプリセット絞りのやつは二回転ヘリコイドなんですね~、ケンコーからCマウントデジカメが出るみたいなので欲しくなってしまいます、

26/1.1のRXとマルチコーテッドの写りの違いですけど、やっぱりスイターやシノールのRXとノンRXの違いと同じように感じました、イメージサークルは全く同じって感じでした、

Edit | Reply | 
lloyd356  

Cマウントアダプター発明以前のはるか10年前はCマウントマクロスイター50/1.4が10ドル(笑)でした。いま使ってます。

たしかにムービー専門店なんかだと高額で店に出てました(新品で1400ドル!)が、アダプター発明直前の2008年12月に始めてebayで26/1.1(黒!)を買った時は85ドルでした。
発明後の2009年2月は250ドル、4月は500ドル、6月には1000ドルになってました~。恐ろし

RX10ミリは10センチまで寄れるマクロスイターですね。ケンコーで使えば56ミリ相当のマクロスイター、ケラレ無しで使えます。

Edit | Reply | 
ukeram  

lloyd356さん

¥5kというのは国内のムービー専門店や中古カメラ屋に並んでいた価格だと思いますけど、当時はオークションに出品されても誰もそんな値段をつけない、人気の無いモノだったんでしょうね、

lloyd356さんの黒1.1は確かRXでしたよね?
RXじゃないタイプの1.1の存在は知りませんでしたが、50/1.4もRXじゃないタイプがあるんでしすかね?

10mmは10センチまで寄れるんですか!56mm相当で10センチ!うわ、欲しい~

Edit | Reply | 
lloyd356  

26/1.1は1968年からで、ボレックスのレフレックス機でしか使えない上に、恐ろしく高価でしたので、まず日本には入ってなかったと思います。

2008年にアメリカのムービー専門店で中古1100ドル、新品1400ドルで出ていて驚きましたが、その後売れてました!

マクロスイターはボレックスレフレックスでしか近接撮影出来ないので、わざわざノンレフレックス用を作るとは思えませんので、すべてRX仕様だと思いますが。

Edit | Reply | 
ukeram  

lloyd356さん

2008年に新品が売っていたんですね!

マクロスイターはレフレックスじゃないと近接のピントは合わせられないと思いますけど、ボレックスじゃないレフレックス、たとえばPatha BTLとかプリズムを使っていないレフレックスでも使えると思いますので、ノンRXのレンズも存在したのかなぁと思ったんですが、そのへんがイマイチよくわかりません、

このH16RXと表記の無い1.1もRXレンズなのかもしれないんですけどね、

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。