スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Carl Zeiss Jena Biotar 1:1.4 f=2.5cm

  21, 2011 08:46
P1020108.jpg

エルジートがコダックSマウントのレンズを作っていたのは、当時エクター等の純正レンズが高価だったからレンズメーカーが廉価なレンズを用意していたのかなぁなんて、何となく想像できるんですけど、コダックPマウントにカールツァイスのビオター25mm/1.4なんてレンズを見つけてしまいまして、コレどんな経緯で作られたものなのかちょっと不思議なレンズです、

後からコダックの16mmカメラ用に改造されたにしては、部品に無理矢理辻褄を合わせたような所が一切見当たりません、

Pマウントレンズが着くシネコダスペシャルは16mmにもかかわらず、当時は劇場用映画の撮影にも使われていたそうですから、ツァイスか代理店のサービスではじめからシネコダックのマウントも用意していたのかもしれませんね、

いい加減な想像話は程々にして本題にいきます、

えーと、このちょっとレアなビオターですが、やっぱりCマウントに改造するのが一番スマートに使えるみたいなので改造してみました、

P1020110.jpg

まあ改造と言ってもラフな旋盤加工で拍子抜けするほど簡単にできました、

フリマで買った監視カメラ用レンズのジャンクに付いていた肉厚アルミのC-CS変換リングを適当に削って、無限が出る位にレンズ側のネジを少し削って、2mmのタップを3箇所切ってイモネジで留めて完成です、

P1020114.jpg

まだそれほど写していないので、撮り溜めたらまたアップする予定です、

フィート表示、最短撮影距離2フィート、
全長35mm、最大径34.6mm、
重量111g、

P1020007.jpg
GH1(3:2)

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。