スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Enlarger Lens on Mirrorless 「angenieux G10 on NEX-5」

  15, 2011 09:57
P1000979.jpg

ヘリコイドの無いレンズでも、大まかに無限が出るような感じでM-NEXヘリコイドアダプターに装着さえできれば、フツーに撮影できるなぁと思って、L39の中間リングを介して、伸ばし玉を着けてみたら結構イケそうですホントに、

ネガフィルムの小さな1コマを印画紙の大きさに拡大する為に使う「引き伸ばしレンズ」には近距離での解像力や歪曲収差ゼロ?が求められるので、一般的なスチル用のレンズとは一味違った写りをするかもしれないという期待もあります、

ミラーレスが登場する前は、そそられるレンズヘッドを見つけたりすると何とかLマウントに改造して(距離計に連動させるのに試行錯誤して)、ライカ(後にR-D1も)で使っていましたが、改造すら不要で、こんなに簡単、ピントの精度も極限まで攻められるなんて、なんだかなぁ、、、

P1000984_20111015084642.jpg

伸ばし玉は一般的にライカマウントと同じ39mmのスクリューマウントなので、適当な厚みのL39の中間リングがあればいいのですが、引き出しの中にあったニコン製の引き伸ばしレンズ用の中間リングを使いました、ELニッコールを着けてみると、オーバーインフすぎるけど、リングの間に何か挟めば使えそうな感じ、

P1000986.jpg

で、本命のアンジェニューG10 48mm/F4に合わせて、昨晩、シム(スペーサー)を作りました、

厚紙をカッターでくりぬいて油性ペンで縁を黒く塗って(笑)

部屋の中を見回してちょうど良さそうな厚紙を探すところから完成まで約5分、

淡麗グリーンラベルを飲みながら切ってたのでラフ過ぎますけど、、、

実写編に続く

Comment - 4

SKY ONE  

伸ばし玉

M4/3はBORGがヘリコイドだしてるので、伸ばし玉使えてましたが、
Eマウントはなかったですからねぇ
まあ、BORGの一番薄いヘリコイドじゃないと無限でないのがあります。
はい、私は中間のサイズ買いました(笑)

テイラー・ホブスンの伸ばし玉とか微妙にへんなマウントだったりしますから危険ですよねぇ

Edit | Reply | 
lloyd356  

伸ばし玉もNEXでいろいろ試しました。NEX/Mアダプターだと寄りが今イチ足りないのが惜しいですね。
結局、Hawk Peng氏が出した3種類のNEX/M42アダプターで解決しました。バッチリ寄れます。ROSS、Dallmeyerなど英国の玉中心に遊んでます。

Edit | Reply | 
ukeram  

SKY ONEさん、お久しぶりです!

わ、無限が出なかったんですね、
身銭を切って買って試してみないとわからない世界、だから面白いんですけどね(笑)

このアンジェニューも二重のマウントになっていてL39のリングを外すと、径の小さな特殊サイズのネジが出てきますが、ボアイエの伸ばし玉も持っていてそれも特殊サイズなんですけど、また少し径が違って、、、

Edit | Reply | 
ukeram  

lloyd356さん、こんばんは~

寄りが、はい、物足りないですよね、

L39ーL39のヘリコイド付きリングを作っちゃおうかなと思いましたが、丁度良い材料がみつかならいので、まだ何も着手出来ていません、

ペンタックスQ+Dマウントの記事もどんどん更新してますね~

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。