スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Carl Zeiss Jena Biotar 1:1.4 f=2.5cm(実写編)

  05, 2011 10:00
IMGP0249.jpg
(PENTAX Q + SWITAR 5.5mm/1.6 H8RX、絞り開放にて撮影)

カールツァイス・ビオター25mm/F1.4なんですが、このレンズは元々シネコダックPマウントだったものをCマウントに改造したレンズで、その辺の事は2月の記事にも書きましたが、、、先日このレンズを眺めていたら、これもしかしてフードが着いてるんじゃないの?と思って高倍率ルーペで隅々をチェックしたところ、やっぱりフードが装着されたまま固着してるっぽかったので、板状のゴムとかリングプライヤーとかいろんな工具を使って外そうとしたけどビクともしなくて、それでも、このフードが外れれば四隅にくっきり現われるケラレが無くなるかもしれないと思うと、どうしても外したくなりましたので、吉と出るか凶と出るかの最終手段、ヘリコイド部分から外したレンズブロックを旋盤でくわえて、噛んでしまっているネジの部分ぎりぎりまでフードの内側を少しづつ削りましたところ、レンズを壊さずに無事外す事ができまして、くっきりケラレも解消され、ほど良いケラレになりました、

IMGP0246.jpg
(PENTAX Q + MACRO SWITAR 38mm/1.4 H8RX、絞り開放にて撮影)

レンズの全長が短くなって精悍な雰囲気も少し出たので、E-P2に装着した感じもイケてます、

IMGP0248.jpg
(PENTAX Q + MACRO SWITAR 38mm/1.4 H8RX、絞りF2にて撮影)

絞り開放だと中心以外は、かなりやんわりな写りですが、F2.8~4位まで絞るとイメージサークルも広がり周辺もシャープになります、

そしてそれ以上絞ると四隅がくっきりケラレ出します、

フィート表示、最短撮影距離2フィート、
全長29mm、最大径34.6mm、
重量107g、

PA123456.jpg

PA260013.jpg

PA211576.jpg
絞り開放

PA211577.jpg
絞りF4

PA211580.jpg

PB040065.jpg

PB040070.jpg

PB040073.jpg

PB050079.jpg

PA201567.jpg

PB040078.jpg

PB050082.jpg

PB050085.jpg

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。