スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H8RXの3本レンズとPENTAX Q(ミラーレスとマクロスイター比較)

  10, 2011 09:50
P1010144.jpg

H8RXと鏡胴に刻まれたCマウントのスイターやマクロスイターが存在しますが、これはボレックスの8ミリ・シネカメラの最高峰H8 REX用に作られたレンズで、広角はスイター5.5mm/F1.6、標準はマクロスイター12.5mm/F1.3、望遠はマクロスイター36mm/F1.4の3種類があります、(12.5mmと36mmにはMACROと刻まれていないSWITARだけの表記も存在します)

H8 REXはフランジバックが2mm程度短い特殊な規格のCマウントを採用したシネカメラで、普通のCマウントレンズをこのシネカメラに装着しても無限の位置が合わず極端なオーバーインフになり、H8RXレンズを通常のCマウントアダプターを介してミラーレス機に装着しても無限が出なくて接写専用になってしまいましたが、ペンタックスQの登場によりこの3本がちゃんと使えるようになりました(装着にはアダプターの自作か加工が必要です)

PB100097.jpg

8ミリシネ用のマクロスイター12.5mmとペンタックスQは驚くほど相性が良いので、ペンタックスQ、マイクロフォーサーズ、NEXと3種類のセンサーにそれぞれ相性の良いマクロスイターを比較してみたいと思い、ちょっと記事にまとめてみました、

NEXには50mm/1.4、マイクロフォーサーズには26mm/1.1、そしてペンタックスQには12.5mm/1.3です、

PB100095.jpg

NEX+50mm  開放F値1.4  35mm換算で75mm相当  開放無限で四隅の減光、絞り込むとくっきりケラレる  歪曲収差は僅かに糸巻型

M4/3+26mm  開放F値1.1  35mm換算で52mm相当  開放無限アスペクト比4:3で四隅にケラレ、3:2で四隅に減光、絞り込むとくっきりケラレる  歪曲収差は樽形が目立つ

PENTAX Q+12.5mm 開放F値1.3  35mm換算で68.75mm相当  イメージサークルが充分足りているのでケラレ一切無し、周辺減光も無し  歪曲収差は感じられない

という感じで、Q+12.5mmはマクロスイターの本来の描写が味わえる組み合わせかなと思いますが、周辺減光が全く無いのもちょっと寂しいような、、、

それにしても1.4より0.1だけ明るい1.3というのが泣けるというか、タマラナイですね(笑)


最短撮影比較(アスペクト比3:2に統一)

DSC02313.jpg
NEX-5+50mm/1.4

P1010146.jpg
GF2+26mm/1.1

PB100094.jpg
E-P2+26mm/1.1

IMGP0285.jpg
PENTAX Q+12.5mm/1.3(マウントアダプターで無限はしっかり合わせてあります)

IMGP0286.jpg
PENTAX Q+12.5mm/1.3(最短だと寄れすぎてしまってボケの描写がよくわからないので少し退いたのも撮ってみました)

Comment - 6

slosma  

んー、全部いい。。。
1.4は特に好きです。

Edit | Reply | 
ukeram  

slosmaさん

最短でのボケの雰囲気を比べると50/1.4はキラメキ系で一番ドラマチックな感じですよね~

Edit | Reply | 
lloyd356  

マクロスイター三昧ですね~

Edit | Reply | 
ukeram  

lloyd356さん

8ミリ用の12.5mmも開放の接写ではマクロスイターテイストが濃厚なのには驚きました、

これはハマりますね!

Edit | Reply | 
SKY ONE  

>装着にはアダプターの自作か加工が必要です
そのままでは、PQ-Cアダプタにはつかないんですか?

まあ、それ以前に予算がないですけど(笑)

Edit | Reply | 
ukeram  

SKY ONEさん

普通のCマウントアダプターに着くには着きますけど、フランジバックが短いので、無限が全く出なくて、12.5mmは超接写専用になってしまい、5.5mmはピントが来ないです、

このレンズは26mmや50mmみたいな値段では無いですし、まだ安く買うチャンスはあると思いますよー、

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。