スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-Mount blog (PENTAX QとDマウントレンズ )

  18, 2011 10:40
”Dマウントブログ” へ ようこそ! ペンタックスQにDマウントのシネレンズを装着したその瞬間、精密ミニチュアレンズの潜在能力にびっくり!

P1010240_20111118095638.jpg

PENTAX Qの小さなイメージセンサーは8ミリフィルムシネカメラの一コマより少し大きいだけで、さらにレンズマウントのフランジバックが極端に短いので8ミリシネカメラ用のポピュラーな交換レンズ群「Dマウント」のレンズがアダプターを介して装着できます、

高性能なPENTAX Qは、Dマウントレンズが本来持っている高い描写力を余すとこ無く再現できる唯一無二のコンパクトミラーレスデジカメです、(メーカーは意図していないでしょうけれど)

P1010235_20111118095638.jpg

いやぁ、Dマウントレンズはイケナイ世界ですね、

この小ささに魅了されます、

Cマウントレンズもその小ささにグッときましたが、Dマウントは度が過ぎます(笑)

P1010232.jpg

DとCそれぞれのスイターの標準レンズ12.5mm/1.5ARと25mm/1.4ARを比べるとこんな感じ、

P1010233.jpg

こんなに小さいのにスイター特有の被写界深度表示のギミックも省略されずにそのまま、

SWITAR/MacroSWITAR/YVAR/PIZARに使用されているオレンジ・ドットの被写界深度表示のギミックも、小さなDマウントレンズではとても精密に見えます、

P1010246_20111118095637.jpg

kern paillardのレリーフ入りレンズキャップやリアキャップだってCマウント用と比べるとこんなに小さくて、そこまでやるか!と感心するというか、kern paillard社の徹底ぶりに呆れます(笑)

P1010243_20111118095636.jpg

8ミリシネカメラは日本でも広く普及したので、日本の光学メーカーのレンズがたくさんあるのもDマウントレンズの魅力のひとつだと思います、

P1010242.jpg

" Lens Carrier - C " のDマウント版 " Lens Carrier - D " も作ってみました~



Dマウントレンズの記事はこちら↓にリンクを追加していきます、

Kern-Paillard YVAR 1:2.5 f=12.5mm AR

ZUNOW Cine 1:1.9 f=13mm ZUNOW Opt.Japan

SOM BERTHIOT CINOR B 1:1.9 F=12.5

Kern-Paillard YVAR 1:1.8 f=13


Kern-Paillard YVAR 1:1.8 f=13mm

Olympus Cine-Zuiko 1:1.8 f=13mm


P.ANGENIEUX PARIS F.12.5 1:1.8 TYPE J11

Comment - 6

lloyd356  

おっ、" Lens Carrier - D " いいなあ。

Dレンズの小ささに慣れちゃうとCマウントが大きく感じますね。

Edit | Reply | 
ukeram  

lloydさん

ボクはまだDが小さいと感じるんですけど~、
ビョーキが悪化してくるとCが大きいって感じるんですね!(爆)

" Lens Carrier - D " ちっちゃくてなかなかイイ感じです!
ケルンのDマウントリアキャップお持ちですよね?作りますよ~

Edit | Reply | 
slosma  

すごい。。

猛烈に増殖している。。

Edit | Reply | 
ukeram  

一回のポチッで、こんなに届いてしまったんです(汗)

Edit | Reply | 
-  

ぜひ、お願いします~。

Edit | Reply | 
ukeram  

了解です~

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。