スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KINOPTIK PARIS F:2 FOCALE 25mm APOCHROMAT(その2)

  06, 2012 08:28
P1010808.jpg

フランスのレンズには、Cマウントレンズに興味を持つ以前から或る種の憧れを持っていて、アンジェニューの50/2.8のついたコダックレチネッテ1Aとかベルチオ・フロール45/3.5のついたセムキムとかニコンSマウントに改造したベルチオシノール50/3.5とかMマウントに改造したフォカのオプラー35/3.5の前身フォカ35/3.5とか、すごく気にいって使っていたレンズもあったけど、キノプティックという光学メーカーのレンズには縁が無く、というかkino+optikの名の通り映画用レンズ専門に供給していたようで、スチル用はアルパに供給していたようですが興味すら持ったことが無かったレンズです、

P1010820.jpg

キノプティック・アポクロマート25mm/F2はCマウントレンズの中でもマイクロフォーサーズ機との相性が特によく、以前の記事でも触れましたが、周辺破綻も歪曲収差もほとんど無く、その上開放では少し周辺減光があるのがとても好ましいです、

画像はクリックで拡大、モニター環境によってはさらにクリックで拡大できます、

P1150251.jpg

P1150252.jpg

P1150254.jpg

P1230284.jpg

P1230289.jpg

P1220280.jpg

P2040303.jpg

P2040306.jpg

P2040308.jpg

P2040312.jpg

P2040316.jpg

P2040319.jpg

P2040320.jpg

P2040322.jpg

P2040326.jpg

P2040329.jpg

P1150248.jpg

レンズエレメントが完璧なコンディションでは無いので逆光や光源を写し込むとフレアっぽくなっています、

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。