スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SIGMA DP2x

  10, 2012 09:55
SDIM0579.jpg

シグマのDP2xを使い始めて5ヶ月位経ったけど、使い込む程に愛着もわき、現在はいつも腰にぶら下げ肌身離さず持ち歩くカメラとなっている、

ボクにとってこの腰下げカメラは結構重要な存在なんだけど、DP2xの前はLUMIX GF2+20/1.7、その前はGXR+P10、その前はGRD IIとか、古くはContax T2やコニカ ビッグミニと、仕事の時も休みの日も常に持ち歩き日常の記録に使っている、

SDIM0574.jpg

のっけから話がそれちゃったけど、DP2xは速写性も無いし高感度はきれいな画像が得られないし背面液晶が小さくて見づらいし電源を入れるとレンズが前にニョキって伸びるし、ぱっと見は使えないコンデジのようだ、

でも撮影した画像をパソコンのモニターで開いたら、他のデジカメと何処か違うリアルな再現に心打たれ、さらに使い込むと写真を撮る道具としての潔さに魅了される、

SDIM0575.jpg

RGB三層構造のFOVEON X3ダイレクトイメージセンサーの凄さについてはネット上にいくらでも語られているので、新参者のボクが目新しい表現や比喩で褒めたたえる事はできないけど、素直な印象を簡単に言うとすれば「リバーサルフィルムのような写りをするカメラ」って感じ、

リバーサルフィルムを初めて使ったときの感動、ポジをルーペで見たりプロジェクターで投影した時に、まるで時間と空間を本当に切り取った(そこに彼女が本当にいる、みたいな)と錯覚するようなリアルな写真の感動がデジタル画像でも味わえると思った、ちょっと大袈裟だけど、

SDIM0573.jpg

操作については、SIGMA独自の操作手順に慣れると結構使いやすくて、良く練られていると思う、

特に気に入ってるのは、シャッター半押しでAF合焦した状態で拡大ボタンを押すとAFターゲット部分が拡大されて確認出来る所、MFダイヤルが背面にあり距離目盛が印字してあるので、電源OFF時にも距離をセットしておける所、あとQSボタンの便利な所、

操作する上で、背面液晶モニター(小ささと解像度不足)だけがこのカメラのウイークポイント、

35ミリ換算で41mmという画角のSIGMA LENS 24.2mm 1:2.8は電源ONで25mm位伸びるけど、コンデジなのにここまで伸ばす必要があるのはテレセントリック性重視の為にシグマが絶対に譲れない部分だったのかなぁと想像する、

40mmって大好きな画角だし、隅々まで全く破綻の無いこのレンズ最高、

SDIM0577.jpg
(以上5枚の画像はDP2 Merrillで手持ち撮影、JPEG,STD,ISO400,トリミング有)

DP2xは、シンプルで単機能な道具好きのボクにとっては堪らないカメラなのです、

つづく、

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。