スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピールアパート,ポラバック,HASSELBLAD 500c,Henri Cartier-Bresson,

  10, 2013 22:53
R0016588.jpg

ハッセルのポラバックが急に使ってみたくなって入手しました、

今となっては誰も欲しがらない『お品』なのでヤフオクで安ーく買えます、(ローラー部分の清掃は必須ですが)

ピールアパートタイプのフジのインスタントフィルムもヨドバシでまだ普通に買えます、

昔ピンホールカメラを作ってみた時に4×5のポラバックを使った事があるけど、もう10年近く使っていないから装填の仕方も忘れてしまったので、ウェブで探して無事装填、

デジカメで露出を計って、娘達にモデルになってもらったら、1枚目からきれいに撮れました、

この黒白インスタントフィルムFP-3000Bの感度はISO3200、実際はもっと低いという情報もあったので、ISO1600〜2000程度と考えて露出を合わせましたが、少し暗めの部屋の中で1/125sが切れるので手持ちでも撮れます、

これ楽しい!

R0016589.jpg

今日は、銀座シャネルで開催されていたアンリ・カルティエ=ブレッソンの写真展を見に行きました、

オリジナルプリントを見るのは初めての有名な写真がずらりと並んでいました、

Comment - 3

matsu  

こんにちは。その昔、仕事の現場でカメラマンから
このハッセルのポラを渡されて確認したものです。
こうやって改めて写りを見るとなかなか良いですねぇ。
もちろん付いてるレンズがいいわけですけど。(笑)

Edit | Reply | 
ukeram  

matsuさん

そうですよね、本来クライアントに「こんな感じです」みたいに見せる為のものですけど、

たった1枚の密着焼きを作るみたいな、それも普通のプリントより退色や劣化が早いみたいな、刹那な感じが何かイイんですよね〜、

あとハッセルプラナーの描写がポラで見られるってのもグッときます(笑)

Edit | Reply | 
nine  

こんにちは。不躾なお願いで恐縮ですが、gmailの方にメールさせて頂きました。よろしくお願い致します。

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。