スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開放と絞り込み

  25, 2009 23:57
Cマウントレンズの普段の使い方は、
なるだけ絞り開放で撮るようにしていますが、
絞り込んでも四隅がケラレないレンズの場合、
時には絞りこんで深い被写界深度を生かし、
光学式ビューファインダーを使って素早くスナップ写真を撮ることもあります、

四隅のケラレるレンズの場合は絞り込むと、
イメージサークルとケラレてブラックアウトする部分との境界線がくっきりしてしまい、
雰囲気が壊れてしまいますが、
イメージサークルのたっぷりある四隅のケラレないレンズの場合は、
開放では周辺が減光しているレンズでも絞り込むと周辺光量の落ち込みが無くなるとか、
少し絞ったほうがピントの合った部分のシャープさが増すとか、
レンズの絞りの効果の基本的な現象が、
マイクロフォーサーズ+Cマウントでは顕著に出て本当に面白いです、

アンジェニュー25mm/1.4 絞り開放
P9221304.jpg

アンジェニュー25mm/1.4 絞り2.8
P9221305.jpg

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。