スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANGENIEUX , SWITAR , NOKTON

  27, 2009 09:38
アンジェニュー25mmはレンズクリーニングをしてクモリもすっかりとれ、
ほぼ完璧な光学系になったのですが、
やはり独自のフレア感というか滲み感はあるんですね、

先日イバール(YVAR)の標準16mmと望遠75mmを手に入れましたが、
件のスイターも含め、ケルン社のレンズの方が、
圧倒的にヌケの良さというか透明感というか鮮度の高い写真が撮れる印象です、

もちろんアンジェニューの写りも捨てがたいですけどね、


話は変わりますが、
3本のレンズの絞り開放、最短撮影距離でのボケ具合を比較してみました、

P1000646.jpg
アンジェニュー25mm/F1.4

P1000647.jpg
スイター25mm/F1.4

P1000643.jpg
ノクトン・クラシックSC40mm/F1.4(Mマウント)


ところで、イバールの75mmは凄いレンズですね、
すこぶるヌケが良くすこぶるシャープで、おまけに歪曲収差がほとんど皆無で、
なにより被写体が、これでもかというくらい生き生きと写ります、
昔ヤシコンマウントのツァイスレンズを初めて使った時に感じた感動を超えています、
詳細は後日アップします、

IMGP2416.jpg
アンジェニュー25mm/1.4をクリーニングした際の記録、
前のリングナットが二重になっているので前から順番に弛めて外し、
(しっかりした刃先で、形状の合った工具を使わないと、
滑ってキズだらけになる可能性大)
テーパー状の内側フード部分が前玉と一緒に外れます、
その次の玉もテーパー状の金属枠と一緒に外れます、
(どちらも鏡胴に押し込んであるだけですが、
気密性が高いので外すのにコツが必要)
アルミ鏡胴にアルミのリングナットがガッチリ噛み合っている場合、
分解はかなり難易度が高いです。分解は自己責任でお願いします。

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。